バタフライのキャッチドリル

MENU

バタフライのキャッチドリル

バタフライのキャッチのドリルをやっていますか?
ドリル練習は、泳ぎでの体の動かし方だったり、力の利用の仕方などの技術力をあげるには最適な練習方法ですね。

キャッチドリル

特に4泳法の中でも、バタフライはクロールよりも力が入りやすく、水も捉えやすいですが、その反面、余計な無駄な力も入りやすくなるので注意が必要です。


そんなバタフライのストロークで重要になるのがキャッチ動作です。
肘を立てて、前腕から指先までを使って面を作るようにして腕全体で水をとらえるようになりますが、両腕を同時に行うので、肩に力が入りやすいんですね。( ゚Д゚)


また、第一キックとキャッチのタイミングが上手くあっていないと、前方への体重移動が出来なくなってしまいます。
で、キャッチしてとらえた水に体を乗せるような意識を持って行うと、前方への体重移動がスムーズに出来るようになると思います。


ただ、気をつけなければいけないのは、第一キックと同時に前へ伸びながら遠くの水をとらえるときに、深いところの水をキャッチしてしまうと身体がどうしても沈んでしまうので、水面の近くの水をとらえるように意識すといいのかなと。


そんなバタフライのキャッチドリルにも色々ありますが、そのひとつのやり方としては、第一キックを打つと同時に、手をやや外に広げるながら前に伸ばして、水をとらえる準備をします。
そして、キックの打ち終わりに合わせて肘を立てて、水をキャッチします。


この時にはキャッチ動作だけを行い、手をすぐに水の中で前に戻すようにしましょう。
これを行うことで、第一キックとキャッチのタイミング、前方への体重移動の感覚を掴むにはいい練習になるのかなと思います。


技術的な弱点を克服しておけば、体力面の弱点を克服するための泳ぎ込みもいいフォームで行えるようになるので、より効率よくスピードアップ出来ると思うんです。


水をとらえるという水泳で最も大切なポイントともいえるキャッチは、その他の様々な弱点を克服に繋がると思うので、どうやって自分の弱い部分を直せばいいのか迷ったら。キャッチドリルに取り組んでみるのがイイと思いますよ。('ω')ノ

関連ページ

リカバリーの練習
このページの先頭へ