リカバリーの練習

MENU

リカバリーの練習

バタフライのリカバリーの練習をしっかり行っていますか?
リカバリーは、泳ぎの動作の中で最もスピードが出ない動きになり、どの泳法にも共通して如何にコンパクトに行えるかが、タイムを縮めるポイントになります。

そして、バタフライでリカバリーする時には、腕の動きが体のラインから外れてしまうとそれだけ水の抵抗を受ける為に、前に進みづらくなります。
理想的なのは、プッシュオフしきった位置から最短距離で行うことでしょう。


したがって、無理なくスムーズに行う為にも腕をぐるっと上に回すのではなく、お腹から体の横を通って前に手を戻していくイメージで行うようにすると良いです。


そんなバタフライのリカバリーの練習としては、下半身が沈まないように軽くキックしながら浮き、肩甲骨を前に回すようにします。
すると自然に腕や手がついてきます。
この時には、手が上がりすぎないようにして、体のラインに沿ってリカバリーをするようにします。


また、どちらか一方の手が先に入水しないように、左右対称の動きを心掛けましょう。
いずれにしても、リカバリーで水しぶきが上がるのはそれだけ水の抵抗を受けている証拠なので、フォームを見直した方が良いでしょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、陸上でのボールを使ったリカバリーの練習(トレーニング)も紹介してあるので、無駄な動作がなくなり、短期間で効率よくタイムを縮められるようになれるでしょう。

これが出来ればスピードアップ!推進力を生むうねり創出法とは?

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ