バタフライのキックと呼吸のタイミング

MENU

バタフライのキックと呼吸のタイミング

バタフライの呼吸のタイミングが分かりますか?
バタフライで難しいとも言えるのが、キックと呼吸のタイミングで、呼吸をするたびにスピードがダウンしてしまう人もいるでしょう。

そして、バタフライは腕が入水する時に第一キックを打ち、水面に覆い被さる感じで腹筋からキックを打ちおろし、その後にグライド姿勢を維持することで推進力が増します。


次に第二キックは、ストロークのプッシュに合わせてドンと打ち、このタイミングで水面に顔を上げて呼吸をします。
ですが、ストロークのプッシュ動作と呼吸を合わせるのが一番難しく、更にここは両手両足でドンと水を同時に押して蹴る瞬間で、最も推進力が得られるところでもあります。


この時に顔を思いきり持ち上げて呼吸をすると、浮き輪的な働きをする肺が水上に出るので浮力がなくなり、身体が沈みやすくなるので、胸を沈みこませるようにして水面に顎がぎりぎりくらいの低い姿勢で、浮力を得ながら顔を上げて行えば楽に呼吸が出来るようになります。


また、呼吸時の顔の高さが高くなったり、上げるタイミングが早すぎたりすると上半身がそれだけ上がってしまうので、下半身が下り、第二キックの蹴る幅が大きくなり、身体が反り立つようになってしまいます。


そうなると前から受ける水の抵抗が大きくなり、いくらキックを強く打っても、それだけ推進力を得にくくなってしまいますね。
これらのことから分かるように、キックの際の呼吸のタイミングや高さは、バタフライを速く泳ぐ上でとても重要であると言えるのです。


いずれにしても、スピードを上げる一つの方法として、まず呼吸時の抵抗を少なくすることが上げられます。
第二キックと呼吸のタイミングをしっかりマスターすれば、格段にスピードがアップするとも言えるので、頑張ってしっかり練習をしましょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、バタフライを苦手にしない為の条件とも言える呼吸のタイミングが分からない選手がやるべき練習法、呼吸時に身体が沈みがちになる、更に抵抗の少ない呼吸法習得のためのプルブイ利用法などがDVDの映像で分かりやすく解説してあります。

呼吸をするたびにスピードダウンするスイマー必見!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ