バタフライのキャッチを効率よくやるストローク

MENU

バタフライのキャッチを効率よくやるストローク

バタフライのキャッチを効率よくやっていますか?
以前のバタフライの泳ぎ方は、手を入水すると、体を前にど〜んと持ってきて、手を開いて多くの水を胸の前に集めて、腿に押すという流れで行うやり方が大多数でした。

ですが、現在は無駄を省いた泳ぎ方になり、入水したらすぐにキャッチして、こぐというようにより効率の良い泳ぎに変わってきています。


つまり、これまでのような集めた水を押し込むようにして進むのではなく、キャッチで水をかき集める時に進むというような感じになっていると言う事です。
また、この時に水の抵抗を受けない為に、体を左右対称を意識することも欠かせませんね。


したがって、バタフライのストロークのやり方としては、入水時の手のひらは自分が水とらえやすいように開いていても閉じていてもかましませんが、その後は手のひらを返し、広背筋に力を入れて、ハイエルボーの形にしてより多くの水をキャッチします。


そして、とらえた水を、そのまま太腿の方に真っ直ぐにプルし、足を小さく引きつけ始めます。
キックを打つと同時にプッシュオフして、その勢いで上半身を水面に持って行きます。
この時が最も水の抵抗受けやすくなるので、体の中心に力を入れるようにしてなるべく体を浮かせるようにします。


次に、第二のドルフィンキックを打つ為に、足を引きつけ始めます。リカバリーしたらすぐにストリームラインをとり、キックを打って推進力を得るようにします。
この時には、肩からしっかり手を伸ばすようにしましょう。


以上が、バタフライのキャッチを効率よくやるストロークの方法です。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、自分の今のストロークに自信がないようなら、プルからリカバリーの動きで無駄が生じていると考えられますし、ストロークの推進力をさらに上げてスピードアップしたいたいなら、その為のコツがDVDにつまっています。
キャッチを効率よく行う方法、1モーションで掻き切るコツ、またリカバリーにつなげるために最後まで掻き切らないなど、このようなポイントを、映像で順を追いながら、実演と共に分かりやすく解説してあり、しっかり取り組めば、短期間で自己ベスト更新が出来るようになるでしょう。


推進力を引き上げるためのストロークのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ