バタフライのドルフィンキックの打ち方

MENU

バタフライのドルフィンキックの打ち方

バタフライのキックの打ち方はどのように行っていますか?
大きくドルフィンキックをすれば、スピードアップに繋がると思っているようなら大きな間違いです。

何故なら、膝の曲がりが大きいほど減速の元になってしまうからです。
よく考えてみれば分かると思いますが、膝を曲げるというプロセスは、ブレーキと同じなんですね。
したがって曲げるのではなく、細かく動かすのがスピードアップする為のバタフライのキックの打ち方のポイントです。


具体的に説明すると、まず、足の裏で水を捉え蹴り上げ、つま先は揃えておきます。
そして、膝から下を足ひれ(フィン)のようにしなやかにしならせるのです。この時は大きくならないようにします。


つまり、足全体で捉えた水をドーンドンというように大振りでキックをするのではなく、スッスッとなるように足全体で捉えた水を押さえるように、細かいキックの打ち方をするのです。


いずれにしても、バタフライは4泳法中、もっとも体力を必要としますが、無駄が無くかつ美しい泳ぎを習得すれば意外とスタミナを消耗しないでスピードアップすることが可能です。
肩の柔軟性を磨き、スカーリングをしっかりとレベルアップすること。そしてドルフィンキックを第一、第二ともに柔らかく蹴れるようになることや、ドルフィンキックで膝を曲げないなど、膝と腰の使い方にコツがあります。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、推進力を最大限発揮するためのテクニックが学べます。 更にレベルをアップさせるために必要な発展ドリルも紹介してあり、これを練習に取り入れることで、より楽に泳げてスピードアップが可能になり、中高年のマスターズ選手でも短期間で自己ベストを更新することが期待出来るでしょう。


上級者の仲間入り!スピードアップに必要な滑らかなドルフィンキックのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる



このページの先頭へ