バタフライの浮き上がり

MENU

バタフライの浮き上がり

バタフライの飛び込みからと、ターンでの浮き上がりがスムーズに出来ていますか?
バタフライのスタートの動きは、クロールとほぼ同じになるかと思いますが、飛び込んだ勢いを水中でのバタフライキックに生かし、第一キックとキャッチのタイミングを合わせるるようにします。

浮き上がり

また、入水後はストリームラインの姿勢をとり、ワンテンポ置いてからバタフライキックを開始し、水中では水の抵抗を減らすためにも、出来るだけ上半身を動かさずにキックを打つようにして、最初は大きく強く、しだいに小さく素早く打つようにします。


そして、第二キックと水を後ろに押し出すフィニッシュを合わせるタイミングで、浮き上がるといいかと思います。
ですが、バタフライの浮き上がりでは、上に飛び出す意識が強いと頭が浮き上がってしまうようになり、前からの水の抵抗が大きくなって、せっかく飛び込んで得た推進力のある泳ぎの減速してしまいます。


その為、通常の泳ぎの動作と同じように、前に飛び出す意識を持って行うといいです。
この時には背中ら浮き上がる意識を持っておこない、背中と頭が一緒に出てくる感じで行うといいかと。


また、ひとかき目で呼吸をしてしまうと、浮き上がりの角度が大きくなってしまうので、呼吸はせずに、背中ら浮き上がり、一掻き目が終わった二掻き目で呼吸をすると、よりスムーズに浮き上がってくることが出来ると思います。


ひとかき目で呼吸をしないことが、バタフライの鋭く勢いよく浮き上がるコツかなと。
これはターンの時の浮き上がりも同じで、壁を蹴って頭から浮き上がってしまうと、水の抵抗が大きくなって減速してしまいます。


更に、スタート(ターン)後、水中動作が出来るのは15mまでと決められています。
ぎりぎまで潜り続ける必要はなく、自分が最も速く15mを通過できるタイミングで浮き上がりましょう。


その為にも、水中のバタフライキックを何回打って浮き上がれば、15mが最も速いタイムが出せるか浮き上がりのタイミングを見つけておくといいかと思います。('ω')ノ

このページの先頭へ