ストロークの軌道は真っ直ぐに!

MENU

ストロークの軌道は真っ直ぐに!

バタフライのストロークの軌道はどのようになっていますか?
どの泳法でも同様ですが、手のひらだけで掻こうとはせずに、腕全体で水を捉えるようにすることが大切ですね。

その為には、上腕から動かして、手のひらを最後まで後ろに向けて水を押していけるようにしたいものです。
また、この時に肩甲骨から手を前に出すようにすると、より遠くからのキャツチが出来るようになります。


イメージとしては、遠くの物を掴むような感じで、背中の方から肩甲骨を前に伸ばすようにして行うといいと思います。
また、しっかり遠くからキャッチした水を1回で掻ききるようにしていきましょう。


せっかくキャッチした水を逃がしてしまってから押すようでは、なかなか前に進むことは出来ないからです。
それには、S字のようになったりせずに、指が下を向くようにして、一本の線を描くように真っ直ぐな軌道でストロークすることが重要です。


胸の前で大きなボールを抱えるようにキャッチをし、その後は骨盤の下にボールを転がしていくような意識を持っていくと良いでしょう。
なお、速く泳ぐ為にはどの泳法でも同じですが、ストローク長をながくして1回で進む距離を長くすることと、回転数をあげることです。
この2つを強化していくことでスピードアップしてきます。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、それを踏まえ遠くの水をキャッチする練習から、1回で多くの水を掻ききる正しいストロークの軌道、更には最後まで水を掻かずに、横に逃がしてテンポアップを図るテクニックも順を追いながら、実演と共に分かりやすく解説してあります。

推進力を引き上げるためのストロークの極意をお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ