ストロークの手の動き

MENU

ストロークの手の動き

バタフライのストロークの手の動きがしっかり出来ていますか
バタフライは両腕を左右対称に動かすので、形としてはクロールの掻きを両手で同時に行うような感じになりますね。

そして、キャッチではお腹に集めた水を逃さないようにお腹の方に集めてきますが、この時に大切なのがしっかり肘を立てることがポイントです。
ですが、立たずに内側にきてしまってそのまま水を押してしまうようになっては、前になかなか進むことは出来ません。


また、肘が立っていても、水を押そうとした時に脇が締まって押してしまうと、2段階のプッシュになり水をしっかり掻くことが出来ません。
ひと掻きでしっかり押し切るようにしなければいけません。


両肘の頭が上を向くように使い、手のひらで捉えた水を前腕で丸め込むようにキャッチしましょう。
この時には、肘が低い位置にあると立たなくなりスカスカのストロークになってしまうので注意しましょう。


そして、肘を立ててつかまえた水に体を乗せていくようにしながら水を押し切ることで前方に進みます。
決して力で掻くようにするのではなく、あくまで重心移動が大切です。
この前に乗り込むところで、キックが入りその動きを助けてくれます。


そんなバタフライのストローク手の動きは、プールサイド上がる時を思い出してみてください。
この時の動きは両手をプールサイドについて水から上がる時と同じような手の使い方になります。


手をついた時に、両方の手の指先がやや内側を向くような感じです。
実際にプールから上がる時には、手だけの力だけでは上がりませんよね。少しジャンプして身体を上に持ってくる筈です。
これがバタフライのストロークです。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、ストロークのドリルであるダブルアームプルのやり方も紹介してあります。 更にキャッチを効率よく行う方法、1モーションで掻き切るコツ、またリカバリーにつなげるために最後まで掻き切らないなど、このようなポイントを順を追いながら、実演と共に分かりやすく解説してあります。

推進力を引き上げるためのストロークのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ