バタフライのストリームラインのコツ

MENU

バタフライのストリームラインのコツ

バタフライで入水時のストリームラインを意識していますか?
水泳のどんな泳ぎ方でも大切になるのがストリームラインですよね。

そして、肩、腕、お尻、足と重要となる身体のパーツ部分を締めて、指先から足のつま先まで真っ直ぐな姿勢を作ることが基本です。
ですが、バタフライはクロールなどの他の泳法と違い、呼吸からストリームラインを作るまでの上下動が大きいので、入水時の手の動かし方などの身体の使い方が大切になります。


そして、バタフライでの入水時のストリームラインを作る時には、フラットなまま入水してしまうと重力の影響で身体が沈んでしまい、スピードも出ません。
その為、肩をしっかり入れて反らせ、胸部を前に張るようにするのがコツでしょう。


そうすることで、頭が持ち上がった姿勢になり、水没を防ぐことが出来るんですね。
また、ストリームラインを作る時には、左右の手が離れないようにくっつけましょう。両手を前に伸ばした時に手と手の間に隙間があると、水の流れが不規則になり、これが抵抗になってしまうのです。


特にバタフライでは、ストロークの度にこの姿勢になるので、特に意識することが大切です。
更に、前方に前に手を伸ばすタイミングで、バタフライは第一キックを打ちますが、キックの勢いに合わせて手まで水面で勢いよく打つと、波が必要以上に立っていまい、水の抵抗を受けてしまうので、伸ばした手は水面においてくるイメージで行うようにすると良いでしょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、入水時に下半身が沈まないようにするためコツややってはいけない手の動かし方なども学べます。 ストリームラインを作って、肩幅に手を開く意識、指先の向ける方向、肩甲骨を意識して上にあげる、手首の角度などなど多くの注意点があります。

特に入水時にも注意すべきポイントがありますので、この機会にしっかり習得すれば、この先グンとタイムが縮まり、ライバルに差をつけることが出来るでしょう。


これを習得しないとタイムは伸びません。初心者が身につけるべき正しいストリームラインとは?

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる



このページの先頭へ