バタフライのキックのタイミング

MENU

バタフライのキックのタイミング

バタフライのキックのタイミングが合わないという悩みはありませんか?
バタフライでは、ストロークとキックのタイミングを合わせることがとても重要になりますね。

そして、リカバリーの手の入水に合わせて第一キック、プッシュのフィニッシュに合わせて第二キックが入るようにします。
第一キックは、前方に体重を移動させるキックになり、リカバリーで腕を前に戻す動きと合わせて、入水のタイミングでダウンキックが入るようにします。


キックでお尻を上げた前傾姿勢からストリームラインを作って、キックの推進力で前方の水に乗り込ませます。
加えて、第二キックを手のフィニッシュとタイミングを同調させることで、お互いのパワーポイントが重なって強い推進力が得られ、ロスもなくなります。


ですが、フィニッシュより早いタイミングで第二キックを入れてしまうと、体を腕の力で持ち上げるようになってしまってスタミナを消耗するので注意しましょう。


なお、頭の中でリズムを刻むことがポイントです。まずは第一キックと第二キック別々にどのタイミングで打つのかを練習したうえで、一連の流れで習得すると良いです。
佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、このキックのタイミングでのサイクルを効率よくトレーニングする方法をDVDの映像で分かりやすく解説してあるので。ロケットの発射台のような強い推進力を得られ、一気に自己ベスト更新も夢ではないでしょう。


第一キック第二キックのタイミングが合わないと悩む選手向け、お勧めトレーニングとは?

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ