バタフライのキックで進まない原因

MENU

バタフライのキックで進まない原因

バタフライのキックを行ってもなかなか進まないという悩みはありませんか?
バタフライの泳ぎは、身体のうねりを使って体重を前に移動させ、身体を前の水に乗せるようになるので、キックの動きが重要になってきますね。

特に水上での腕のリカバリーと合わせて体を前の水に乗せていく第一キックでは、ダウンキックで水の抵抗を使ってお尻を上げていくようにすることが大切でしょう。
これをすることで、高い位置に腰を維持した状態で、上半身から前の水に乗せていくことが出来るようになるのです。


それには、蹴リ下ろす前にしつかり水を脚全体で捉えておくことが大切ですね、
ですが、腰が最初から落ちている姿勢になっていたり、膝が曲がリ過ぎてしまうと、膝が落ちてしまって身体が立ってしまうようになるので、それだけ水の抵抗を受けやすくなり、バタフライのキックをしても前に進まない原因とも言えます。


むしろ、身体を上に持ち上げるだけのキックになってしまいますね。
また、水を掻いた後に上半身を持ち上げるのが第二キックですが、この2つのキックの役割りを十分に理解して、蹴り下ろしながら、お尻を上げて体重移動するように心掛けると良いでしょう。


なお、この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、ワンアームで第一キックを身につける訓練法が紹介してあります。 ワンアームですと体が開いてしまう可能性がありますが、そこはしっかり閉じて、ダブルアームに近い形で行います。
上半身の動きと、第一キックを連動させて行うことを無意識でできるようにするための訓練法です。キックのタイミングをこのプログラムを見て身につけましょう。


初心者必見!まずは第一キックを確実に習得するための訓練法をお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ