バタフライのキックの打ち方

MENU

バタフライのキックの打ち方

バタフライのキックの打ち方が上手く出来ていますか?
バタフライのキックには、プールの底に向かって蹴り下ろすダウンキックと、下から上に蹴り上げるアップキックがありますが、タイムを縮めるには、脚全体をムチのように柔らかく使うことが大切です。

脚全体で捉えた水を、足先から後方に送り出して推進力を得るようにしますが、その為にはダウンキックとアップキックの動きを連動させて、足が止まらないようにしなければいけません。


両方のキックから推進力を得れば、それだけ効率の良い泳ぎが出来ますよね。
また、、理想とも言えるキックというのは、ダウンキックの終わりのつま先が下に蹴り下ろしている時に、かかとが既に上がり始めているようになっていることでしょう。


そして、アップキック時に、膝の裏、かかと、足先の順番で上げていくようにして、足首を柔らかく使うようにしましょう。
そうすることで、常に推進力を得る連続したキックが打てるようになります。


どちらにしても、バタフライのキックの打ち方のポイントは、膝と足首にあります。 この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、それを踏まえ映像を交えての分かりやすい解説なので、実践しやすく上達も早いでしょう。


忘れてはならないバタフライのキック、3つの重要ポイントとは?

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ