バタフライの推進力を得るテクニックの身につけ方

MENU

バタフライの推進力を得るテクニックの身につけ方

バタフライの推進力を得るテクニックの身につけ方が間違っていませんか?
バタフライが他の泳法と大きく違うのは、泳ぎの中で体を上下にくねらせる「うねり」の動きがあることですね。

また、バタフライは身体をローリングさせないで下を向いた状態のまま泳ぐことから、身体をうねらせることで水の抵抗を受けてしまいます。
ですが、うねりがないと前への体重移動が上手くできなくなってしまう為、速く泳ぐことができなくなってしまいます。


したがって、バタフライで速く泳ぐには体が上下にうねる幅を小さくしていく必要がありますね。
そして、キックやストロークを効率よく推進力に繋げていくには、そのテクニックを身につけていかなけらばいけません。


そもそもバタフライの動きとしては、キック、ストローク、リカバリーに大きく分けることができ、その中でストロークはエントリー、キャッチ、フィニッシュのそれぞれにポインやコツがありますが、リカバリーと合わせて、それらの全ての動きが連動している必要があります。


その為、スムーズに次に動作に繋げる為の体の使い方を必ずマスターしましょう。
更に、リカバリーの動作をしている途中で呼吸が入りますし、腕の動きとキックをタイミング良くやることで、推進力を効率よく得ることが出来るようになってきます。


そして、これらの全ての動きが上手く連動することで、前方への体重移動も可能となり、バタフライの速く泳ぐための姿勢が出来あがるのです。


以上のことからも分かるように、バタフライで速く泳ぐ為には、常に全体の泳ぎを意識しながら、一つ一つのテクニック(技術)を身につけていくようにしていくことが欠かせないでしょう。
なお、膝を曲げずに下に落とす、しっかりと蹴り込むための腰の使い方に推進力を生むうねりを作り出すコツがあります。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、常に全体の泳ぎをイメージしながら一つ一つの技術(テクニック)が身につけられるように体系化されており、小中学生、成人、高齢のマスターズスイマーまで、無理なく誰でも実践でき、短期間でこれまでよりも体力を使わずに、楽にベストタイムを更新することが出来るようになれるでしょう。

推進力が出ない悩みを一気に解決しませんか?

これが出来ればスピードアップ!推進力を生むうねり創出法をお教えします。

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ