バタフライのテクニック

MENU

バタフライのテクニック

水泳のバタフライは高度な技術が必要で、苦手とするスイマー多いものです。
ですが正しいフォームとキックのタイミングなどをしっかりマスターすれば、怖いものなしです。
ここではそんな速く泳ぐ為のバタフライのテクニックにいついてお伝えしています。

バタフライのテクニック記事一覧

バタフライのキックの打ち方はどのように行っていますか?大きくドルフィンキックをすれば、スピードアップに繋がると思っているようなら大きな間違いです。何故なら、膝の曲がりが大きいほど減速の元になってしまうからです。よく考えてみれば分かると思いますが、膝を曲げるというプロセスは、ブレーキと同じなんですね。したがって曲げるのではなく、細かく動かすのがスピードアップする為のバタフライのキックの打ち方のポイン...

バタフライのキャッチを効率よくやっていますか?以前のバタフライの泳ぎ方は、手を入水すると、体を前にど〜んと持ってきて、手を開いて多くの水を胸の前に集めて、腿に押すという流れで行うやり方が大多数でした。ですが、現在は無駄を省いた泳ぎ方になり、入水したらすぐにキャッチして、こぐというようにより効率の良い泳ぎに変わってきています。つまり、これまでのような集めた水を押し込むようにして進むのではなく、キャッ...

バタフライの呼吸のタイミングが分かりますか?バタフライで難しいとも言えるのが、キックと呼吸のタイミングで、呼吸をするたびにスピードがダウンしてしまう人もいるでしょう。そして、バタフライは腕が入水する時に第一キックを打ち、水面に覆い被さる感じで腹筋からキックを打ちおろし、その後にグライド姿勢を維持することで推進力が増します。次に第二キックは、ストロークのプッシュに合わせてドンと打ち、このタイミングで...

バタフライのリカバリーが上手く出来ていますか?リカバリーはご存知のように水上で腕を前に持ってくる動作になり、バタフライの場合なら両手を同時に水面上を前に戻しますね 。そんなバタフライのリカバリーのコツは、肩甲骨(背中)から腕をコントロールすることです。水を手のひらで押し切りプッシュを行ったら、肩甲骨から腕を水上に持ち上げていきます。この時に手のひらは後ろに向けたままにして、小指の方から外側に滑らせ...

バタフライが上手く速く泳げない人に共通した特徴があるのをご存じですか?それはうねり動作(上下動)を上手く使えていないことです。当然、体の上下動であるうねりが大きすぎれば、呼吸の位置が高くなって、呼吸後に入りすぎてしまい、それだけ水の抵抗が大きくなってしまいますよね。かと言って、うねりを全く作れないと体重移動による推進力が得られなくなってしまうことから、速く美しいバタフライを泳ぎたいなら、程よいうね...

バタフライの推進力を得るテクニックの身につけ方が間違っていませんか?バタフライが他の泳法と大きく違うのは、泳ぎの中で体を上下にくねらせる「うねり」の動きがあることですね。また、バタフライは身体をローリングさせないで下を向いた状態のまま泳ぐことから、身体をうねらせることで水の抵抗を受けてしまいます。ですが、うねりがないと前への体重移動が上手くできなくなってしまう為、速く泳ぐことができなくなってしまい...

バタフライのキックの打ち方が上手く出来ていますか?バタフライのキックには、プールの底に向かって蹴り下ろすダウンキックと、下から上に蹴り上げるアップキックがありますが、タイムを縮めるには、脚全体をムチのように柔らかく使うことが大切です。脚全体で捉えた水を、足先から後方に送り出して推進力を得るようにしますが、その為にはダウンキックとアップキックの動きを連動させて、足が止まらないようにしなければいけませ...

バタフライで入水時のストリームラインを意識していますか?水泳のどんな泳ぎ方でも大切になるのがストリームラインですよね。そして、肩、腕、お尻、足と重要となる身体のパーツ部分を締めて、指先から足のつま先まで真っ直ぐな姿勢を作ることが基本です。ですが、バタフライはクロールなどの他の泳法と違い、呼吸からストリームラインを作るまでの上下動が大きいので、入水時の手の動かし方などの身体の使い方が大切になります。...

バタフライのキックを行ってもなかなか進まないという悩みはありませんか?バタフライの泳ぎは、身体のうねりを使って体重を前に移動させ、身体を前の水に乗せるようになるので、キックの動きが重要になってきますね。特に水上での腕のリカバリーと合わせて体を前の水に乗せていく第一キックでは、ダウンキックで水の抵抗を使ってお尻を上げていくようにすることが大切でしょう。これをすることで、高い位置に腰を維持した状態で、...

バタフライのキックのタイミングが合わないという悩みはありませんか?バタフライでは、ストロークとキックのタイミングを合わせることがとても重要になりますね。そして、リカバリーの手の入水に合わせて第一キック、プッシュのフィニッシュに合わせて第二キックが入るようにします。第一キックは、前方に体重を移動させるキックになり、リカバリーで腕を前に戻す動きと合わせて、入水のタイミングでダウンキックが入るようにしま...

バタフライの第2キックとプッシュのタイミングをうまく合わせることが出来ていますか?キックの方が早くなり、腕が遅れてプッシュしてしまうという方も少なくありませんね。そもそもバタフライのプルやプッシュの動作は、クロールと同じと考えて良いですが、キャッチで捉えた水は脇を締めながら体の方に向かってしっかり掻き込んで後ろに押し出すようにしなければいけません。そして、第二キックをそのタイミングに合わせて打ち下...

バタフライでスピードアップするには、うねりやキックなどでの腰の使い方が大切になりますね。そもそもバタフライは、ダイナミックな泳ぎを誰もがイメージするではないでしょうか。しかし、うねりが出来るようになったとしても、どこかトップスイマーの泳ぎとは違うと感じている方が殆どでしょう。特に多いのが、脚での力任せの泳ぎになってしまっている選手も多いものですが、速く泳ぐ為には膝から下の動きだけではなく、腰を使っ...

バタフライお息継ぎ(呼吸)が上手く出来ていますか?第二キックとフィニッシュのタイミングに合わせて、あごを前に出しすぎないようにしながら、前を向くようにして顔を上げるのが呼吸動作の基本で、現代のバタフライの特徴は、出来るだけ上下動を抑えて力を前進することに使うことです。そうすることでスピードアップに繋がるのです。そんなバタフライでフラットに泳ぐには、息継ぎの方法がポイントになり、出来るだけ頭を動かさ...

バタフライのストロークの手の動きがしっかり出来ていますかバタフライは両腕を左右対称に動かすので、形としてはクロールの掻きを両手で同時に行うような感じになりますね。そして、キャッチではお腹に集めた水を逃さないようにお腹の方に集めてきますが、この時に大切なのがしっかり肘を立てることがポイントです。ですが、立たずに内側にきてしまってそのまま水を押してしまうようになっては、前になかなか進むことは出来ません...

バタフライのストロークの軌道はどのようになっていますか?どの泳法でも同様ですが、手のひらだけで掻こうとはせずに、腕全体で水を捉えるようにすることが大切ですね。その為には、上腕から動かして、手のひらを最後まで後ろに向けて水を押していけるようにしたいものです。また、この時に肩甲骨から手を前に出すようにすると、より遠くからのキャツチが出来るようになります。イメージとしては、遠くの物を掴むような感じで、背...

バタフライのフィニッシュはどのように行っていますか?水泳の自由形では、「太ももまで掻ききって、親指が触れたらリカバリーする」というように教えられることもあります。ですが、バタフライでは、リカバリーする直前でのフィニッシュでしっかり掻ききることを意識してしまうと、上体が前のめりのような形になり、水上で腕を前にもっていく動作がしんどくなってしまうことがあります。クロールや背泳ぎはローリングを使うので、...

バタフライの飛び込みからと、ターンでの浮き上がりがスムーズに出来ていますか?バタフライのスタートの動きは、クロールとほぼ同じになるかと思いますが、飛び込んだ勢いを水中でのバタフライキックに生かし、第一キックとキャッチのタイミングを合わせるるようにします。また、入水後はストリームラインの姿勢をとり、ワンテンポ置いてからバタフライキックを開始し、水中では水の抵抗を減らすためにも、出来るだけ上半身を動か...

このページの先頭へ