バタフライのストロークのコツ

MENU

バタフライのストロークのコツ

バタフライのストロークに自信はありますか?
ストロークはキックと同じように左右対称に動かしますね。

そして、腕の動きは太ももかまでかいた後は水面上で腕を前に持ってくる動作である、リカバリーするというストローク全体からするとクロールに似ており、入水後は平泳ぎのひじを中心にして、手のひらで水を掻いて推進力を得るプルの動きに似ています。


バタフライのストロークのコツとしては、まず、リカバリーの両手は真っ直ぐに前まで運んでから入水(エントリー)させます。
手が水中に入る瞬間は親指を下にして、手のひらをやや外向きにします。こうすることで、クロールと同じように泡を掴まないで済みます。


また、手のひら全体で水面をたたくのはダメです。
更に、手のひらで水を掻いて推進力を得るプルは、平泳ぎとほほ同じになるので、肘の高さを保ちながら肘を曲げて、手のひらと前腕で水をかき寄せます。


いずれにしても、ストロークは、両手が入スしてキャッチではやや外側、プルでは手のひらを内側に向け、胸の下に水を掻き込み、プッシュでは手のひらを後方に向けたまま体の中心を通し、後方に水を押します。
フィニッシュでは親指が太腿にに触れるように手のひらを内側に向け、小指から抜き上げます。


このように、キャッチからプル、プッシュ、フィニッシュまで、しっかり水をとらえて押し、両手を小指から水面に完全に抜き上げてリカバリーに入ることを徹底することが大切です。


リカバリーする時には、両腕で耳を挟むようにすると、前にしっかり腕の伸びた入水に繋げやすくなります。ただ、息を吸った後にすぐに顎を引いて顔を水面に向けないとこの状態には出来ません。
そして、腕に挟まれた顔が最初に水に入り、その後から両手が入水するようになります。


なお、バタフライで大きく効果的なストロークをするには、リカバリーで肩を柔らかく回せるかが大きなポイントです。
肩関節をしっかり回せないと両腕を前に伸ばす入水が出来ないからです、
その為には、陸上で肩を大きく動かす感覚を身につける練習をすると良いでしょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、記録を更新し続けるバタフライ選手がコッソリやっている陸トレメニュー、更に、プルからリカバリーの動きで無駄が生じている、ストロークの推進力をさらに上げるストロークのコツが分かります。 またリカバリーにつなげるために最後まで掻き切らない。このようなポイントを、順を追いながら、実演と共に分かりやすく映像で解説してあり、これを知って練習するのとしないとでは、大きな差となってタイムに表れるでしょう。


記録を更新する陸トレメニュー、推進力を引き上げるためのストロークのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる



このページの先頭へ