バタフライのドルフィンキックのコツ

MENU

バタフライのドルフィンキックのコツ

バタフライのドルフィンキックが上手く出来ていますか?
バタフライの泳ぎのメインの推進力はキックにあり、理想ともいえる鞭がしなるようなキックは腰のうねりがポイント。

イルカの尾ひれの動きに似たドルフィンキックで、膝の曲げ伸ばしと、腰の力の入れ方が速く上手く泳ぐには必要です。
つま先が触れ合うように少し内股気味に膝を曲げ、足先に力が十分に伝わるように蹴り下ろしてキックをします。


この蹴り下ろしの反動でお尻が水面まで上がり、膝を曲げて腰が下り始めたら再度つま先が触れ合うように蹴り下ろします。
また、他の泳ぎ方と一番違うのは、蹴り下ろしのたびに腰の位置が上下することです。


その為、この腰の上下運動を中心とした体重移動で進むのがバタフライのドルフィンキックのコツで、腰のうねりのタイミングでドルフィンキックを行います。
バタフライの泳ぎ方としては、スタート、もしくはターン後のキックを始める直前では腰と脚の高さを出来るだけ同じにして、水面近くで一直線になるように伸ばし、足と腰をフラットにします。


そして、足を水面近くに保ったまま上半身をやや持ち上げるように腰を反らして、膝を軽く曲げて行き、上体は高く腰はフラットにします。
上半身を前方下に体重移動させるのと一緒に腰を上げ、その反動を利用して膝を伸ばして、足の甲で水を蹴ります。この時に体は逆くの字になるように曲げます。


再度、腰をフラットに戻して、足の裏で水を蹴り上げると同時に再び膝を曲げて、しっかりキックをします。
蹴り下げた両足は再び膝を伸ばしながら、足先を水面すれすれまで戻し、フラットな状態になります。
以上が、バタフライの泳ぎ方の一連の流れです。


いずれしてもドルフィンキックは、イルカが尾ひれを上下させて泳ぐように、腰を中心に足を上下に蹴るキックですが、単に足を揃えてキックするだけでは、大きな推進力は得られず、スピードも出ません。


その為。ドルフィンキックで重要になってくるのが、足首の内転です。
下に蹴るダウンキックは足首を柔軟に使って足首で水を後方に押し出しで、両足の親指が触れ合うようにするのがスピードを出す為のバタフライのドルフィンキックのコツです。


なお、この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、ジュニアや中高年マスターズスイマーなど、ドルフィンキックがどうしても水上に出てしまう悩みも多いものですが、その矯正法やワンアームで第一キックを身につける訓練法など映像で分かりやすく学べ、スピードアップするキックのタイミングやコツなど身につけることが出来ます。

短期間で速くなるバタフライのドルフィンキックのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ