フラットな泳ぎを身につけよう

MENU

フラットな泳ぎを身につけよう

バタフライでより速く泳ぐには、うねりの上下動を出来るだけ抑えてフラットに泳ぐことが大切になります。

身体の沈み込みを少なくしてうねりの幅が小さくすることで、推進力を水平方向に効率よく使え、同じ移動距離でも前方向により長く移動することが出来るわけです。


ただ、ストローク、キック、呼吸、リカバリーなどの全ての動きをフラットな姿勢と連動させなければならず、より高度なテクニックが必要になります。


その中でも特に、呼吸時に身体が上下動が大きくなって沈みがちになることが多いものです。
これは特に初心者にありがちで、ストロークが2段階になって水の抵抗が大きくなってしまっている人も少なくありません。


ですが、泳ぎの全ての動きをフラットの姿勢に合うようにすれば、動きの無駄がなくなって、それだけ楽に泳ぐことにも繋がります。
水の抵抗を最小限に抑えた上下動の少ないバタフライの技術を習得すれば、これまでよりもタイムがグッと縮めることが出来るでしょう。


なお、バタフライの練習は、片手でしっかりキックや呼吸のタイミング、ストロークなどを身につけ、それを両手で行うと上手に出来るようになってきます。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、ストロークが2段階にならないように意識しながら、片手ストロークの感覚を両手ストロークでのバタフライでも意識できるようになる為のトレーニングが紹介してあります。
上下動を抑えた泳ぎが出来るようになることで、更に速く泳ぐことが出来るようになれるでしょう。

呼吸時に身体が沈みがちになるスイマーへのお勧めのトレーニングをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる

このページの先頭へ