プッシュからリカバリーのポイント

MENU

プッシュからリカバリーのポイント

バタフライのプッシュからリカバリーにかけて上手く出来ていますか?
プッシュでは、プルでかいた水を、更に強く後方へ押し出すようにすることが大切です。


肘を一気に伸ばして手のひらで水を太ももへぶつけるような感じです。
このプッシュの動作がスムーズにリカバリーする為の準備になります。


また、プルでは肘を張った状態で高く保つ(ハイエルボー)ようにしますが、悪い例は、肘が立たずに内側にきてしまい、そのまま後ろに掻いてしまうようになってしまうと、思うように推進力を得ることが出来ません。


また、肘が立っていても、プッシュしようとした時に、脇がしまって押してしまうという2段階のプッシュでは水を多く掻くことが出来ないので、ひとかきで押し切るようにしましょう。


イメージとしては、プールサイドに両手をついて体を引き上げるような感じです。
肘を支点にして腕と胸に力を入れると体がスーッと浮き上がりますが、この腕の使い方をバタフラインのプルからプッシュに応用してみると良いでしょう。


ですが、バタフライ初心者はプルからいきなりリカバリーに入る人も見受けられますが、これでは腕の抜き上げが上手く行きません。
プッシュ後の腕は力を抜いて、上腕kら肘、そして手という順序で水面から出して前に戻すような感じでリカバリーを行います。


プッシュをしっかり行っていれば、水面上ではそも勢いを使って腕を楽に前に戻すことが出来る筈です。
このリカバリーの時には、プッシュで掻き切ったら手を上から戻そうとするのではなく、腕を横から大きく前に回すことを心掛けましょう。


この時には、腹圧が抜けないようにし、胸を張って肩甲骨を寄せるようにしながら手を前に戻していくことがポイントです。
腹圧が抜けていると、腰が反って体が沈んでしまいますし、肩甲骨を上手く寄せていないと、手が水面から出てこないで水を押すような形になってしまいます。


そして、腕は高く上げずに、手のひらは親指を下にして水面すれすれを通るようにリカバリーしていくと良いでしょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、ストロークのドリルであるダブルアームプルとリカバリーの練習方法があり、効率よく上達することが出来ます。
また、腹圧のかけ方なども解説してあるので、楽に速く泳げるようになりたい方は参考にしてみて下さい。


元短水路日本記録保持者が教える自己ベストが短期間で可能にする方法

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ