バタフライのエントリーの注意点

MENU

バタフライのエントリーの注意点

バタフライのエントリーが上手く出来ていますか?
バタフライもクロールと同じで、ストロークのポイントとなるのが、エントリーの際に手の指先を下に向けることですね。

何故なら、指先が上を向いていると、水の抵抗を受けやすくなり、キャッチが上手くできなくなるからです。
そして、特にバタフライのエントリーで注意しなければいけないのは、水の上で大きく広げた手を水の中でもその状態のままにしないことでしょう。


そもそもバタフライのストロークラインは、頭と肩の中ほどあたりから入水し、体の中心で水を押し、再び体の横に持ってきてフィニッシュさせます。


その為、水中で両手が離れ過ぎていると、ストリームラインの姿勢が上手く出来なくなり、効率的な泳ぎが出来なくなってしまうのです。
そんなバタフライの手の練習としては、まず陸上でイメージを持つことも重要です。


ストリームラインを作って、肩幅に手を開く意識、指先の向ける方向、肩甲骨を意識して上にあげる、手首の角度など、その他にも多くの注意点があります。
いずれにしても、バタフライのスピードアップを図るには、基本を覚えて理想のフォームを追及していく必要があるでしょう。


この佐野秀匡監修のバタフライ・スピードアップ・プログラムDVDでは、特に入水時にも注意すべきポイントがDVDの映像で分かりやすく解説してあるので、キャッチ、プル、フィニッシュなどのポイントを総合的に学べ、自分に合った速く楽に泳ぐフォーム作りでの参考になるでしょう。

記録を更新する陸トレメニュー、推進力を引き上げるためのストロークのコツをお教えします!

バタフライ・スピードアップ・プログラムの詳細を見てみる


このページの先頭へ