バタフライ上達の基本

MENU

バタフライ上達の基本

水泳のバタフライは、リカバリーの動作が蝶が舞うように見えることからこの名前が付けられました。
しかも、以外にも平泳ぎがルーツですが、クロールに次ぐスピードです。
ここでは、そんな水泳競技の中で最も高度なテクニックを必要とする種目であるバタフライが上達する為の基本についてお伝えしています。

スピードアップする為の参考になれば幸いです。

バタフライ上達の基本記事一覧

バタフライのドルフィンキックが上手く出来ていますか?バタフライの泳ぎのメインの推進力はキックにあり、理想ともいえる鞭がしなるようなキックは腰のうねりがポイント。イルカの尾ひれの動きに似たドルフィンキックで、膝の曲げ伸ばしと、腰の力の入れ方が速く上手く泳ぐには必要です。つま先が触れ合うように少し内股気味に膝を曲げ、足先に力が十分に伝わるように蹴り下ろしてキックをします。この蹴り下ろしの反動でお尻が水...

バタフライのストロークに自信はありますか?ストロークはキックと同じように左右対称に動かしますね。そして、腕の動きは太ももかまでかいた後は水面上で腕を前に持ってくる動作である、リカバリーするというストローク全体からするとクロールに似ており、入水後は平泳ぎのひじを中心にして、手のひらで水を掻いて推進力を得るプルの動きに似ています。バタフライのストロークのコツとしては、まず、リカバリーの両手は真っ直ぐに...

バタフライのエントリーが上手く出来ていますか?バタフライもクロールと同じで、ストロークのポイントとなるのが、エントリーの際に手の指先を下に向けることですね。何故なら、指先が上を向いていると、水の抵抗を受けやすくなり、キャッチが上手くできなくなるからです。そして、特にバタフライのエントリーで注意しなければいけないのは、水の上で大きく広げた手を水の中でもその状態のままにしないことでしょう。そもそもバタ...

キックの役割を意識して打っていますか?競泳のバタフライは、1ストロークの間に2回キックを打つのが基本ですが、それぞれには適したタイミングがあり役割があります。まず第一キックは入水のタイミングで行い、どちらかというと推進力を得るよりも、上半身の上下動を少なくする意味合いが大きいでしょう。と言うのも、バタフライはクロールなどの他の泳法と違って呼吸の時に上体の上下動が大きくそれだけ水の抵抗を受けやすくな...

バタフライのプッシュからリカバリーにかけて上手く出来ていますか?プッシュでは、プルでかいた水を、更に強く後方へ押し出すようにすることが大切です。肘を一気に伸ばして手のひらで水を太ももへぶつけるような感じです。このプッシュの動作がスムーズにリカバリーする為の準備になります。また、プルでは肘を張った状態で高く保つ(ハイエルボー)ようにしますが、悪い例は、肘が立たずに内側にきてしまい、そのまま後ろに掻い...

バタフライでより速く泳ぐには、うねりの上下動を出来るだけ抑えてフラットに泳ぐことが大切になります。身体の沈み込みを少なくしてうねりの幅が小さくすることで、推進力を水平方向に効率よく使え、同じ移動距離でも前方向により長く移動することが出来るわけです。ただ、ストローク、キック、呼吸、リカバリーなどの全ての動きをフラットな姿勢と連動させなければならず、より高度なテクニックが必要になります。その中でも特に...

バタフライは、他の3泳法以上にコンビネーションが大切になりますね。例えば、バタフライの独特のうねりというのは、ストロークとキックの連携で生まれますし、呼吸も腕と動きと一体化しているのです。このことからも分かりますが、腕と脚の動作を調和させることが速く泳ぐ為には必要になるのです。そこで一連のバタフライの泳ぎの動作でのコンビネーションがどのようになっているのか見ておきましょう。まず、リカバリー後に両手...

このページの先頭へ